ハンドメイド

簡単1時間!100均ふわもこ毛糸で作る、子ども用マフラーの編み方

先日、娘と100均に行ったところ

毛糸を見かけて「これでマフラーを作ってほしい」と言われました。

そこで、いくつかの糸の中から娘に好きな色を選んでもらい、かぎ針編みでとりあえず編んでみることに。

細編みを繰り返すだけでシンプルなつくり&太い糸を使ったおかげで1時間ほどで完成しました。

100均のふわもこ毛糸で手編みした子ども用マフラーの完成品と、使用した毛糸パッケージ手編みマフラー完成品

私は編み物初心者です。(ちょっとかぎ針を触ったことがある程度)

そんな私でもサクっと形になり娘も喜んでくれたので、作り方を紹介します。

編み物は苦手・・・という方にもおすすめできる内容なので、子どもに手編みで何かしてあげたいな、というママの参考になれば幸いです。

 

太め・チクチクしない毛糸を選ぶ

子どもが使うので、肌触りの優しいもの、チクチクしない糸を選びましょう。

もうひとつ大事なのが「太い糸」ということ。

太い毛糸を使えば編み目も大きくなるので、細い糸で編むより目の数が少なくてすみます。

つまり少ない手数で長く編めるというわけです。

編むのに時間がかかる初心者の方でもどんどん形になっていきます。

とくに、もこもこした糸がおすすめ。

もこもこしたボリューミーな毛糸なら、ザクザク編んでも編み目の隙間が開きにくく暖かい仕上がりになります。

 

100均の「ふわもこモール」

今回は100均にあった太めの「ふわもこモール」を使うことにしました。

太めでもっちりした手触りの糸で、チクチク感はありません。

ふわっとしたパステル系のグラデーションカラーがいくつかあり、娘はピンクと黄色のものを選びました。

他に、ベージュ系、グレー系、ブルー系がありました。

ポリエステル100%、1玉約30gです。

キッズのマフラーは4玉~となっていたので、4つ買いました。(3玉でも足りそう)

かぎ針は7~10ミリが目安ということで、10ミリ針も一緒に購入。

編み針は、太いほど編み目が大きくなりザクザク編めます。

ふわもこ毛糸の場合、7ミリだとかなりキツめ。10ミリならふんわりしつつ、風を防げる密度に仕上がりました。

編み針の太さだけでなく編むときの引き締め具合でも変わるので、好みで調節してみてください。




子ども用マフラーの編み方

私も調べながら作ったのでちゃんとした解説ではないことをご了承ください。

100均のふわもこ毛糸で手編みした子ども用マフラーの完成品マフラー完成図
100均のふわもこ毛糸で手編みする子ども用マフラーの作り方説明図イメージ図

子ども用なのでモタつかないように、細めにしています。

片方の先にマフラーを通すベルト(?)をつけて、それでマフラーを装着するタイプです。

(これは幼児用マフラーの作り方を調べていたら出てきたタイプを参考にしました。)

長さは75cm~としていますが、お子さんの首に巻いてみて様子を見てください。

私は娘の首に巻いて確認して「75cmでOK」としました。

しかし娘が自分で巻くと自分の髪やらコートのエリやらを巻き込むので、75cmだと少し短かったかも・・・?と感じています。

 

細編みで75cmくらいまで編む

かぎ針編みで(おそらく)一番シンプルな「細編み」で編んでいきます。

細編みについては、ヴォーグ社の「基本の編み方(細編み)」ページが分かりやすいです。

動画もあるので参考にしてください。

ヴォーグ社「手づくりタウン」編み方の基本 かぎ針編み

針の持ち方や作り目の仕方から解説があるので、編み物をしたことがない方でもこのサイトを見れば編み始められます。

「作り目は1~2号太い編み針を使う」とありますが、私は最初から同じ針で編んでしまいます。だいたい大丈夫です。

マフラーの幅は10cmほどにします。

私が使ったふわもこモール・10ミリ針だと6目で約10cmになりました。

そこから細編みをしていくと、1玉でだいたい30cm編めました。

75cm編むのには、2玉と少し使います。

ベルト部分は15cmほどなので10目、細編み2段でつくりました。

マフラー本体とベルト部分をあわせても、ふわもこモール3玉で十分かと思います。

 

糸の継ぎ足し・糸のはじの処理

糸の継ぎ足し、あまった糸の処理は上記と同じくヴォーグ社の「糸の足し方と糸始末」ページを参考にしてください。

糸の始末に使う糸通しは100均にも売っています。

ただ、今回使ったふわもこモールほど太い糸を通すのは難しいです。

私は面倒だったので、ちょっと細い編み針で引っ掛けてくぐらせました。

 

ベルト部分を縫い付ける

ベルト部分は手縫いで縫いとめました。

100均で売っている木綿の手縫い糸を2本どりにして使っています。

太くてフワフワした毛なので縫い糸が抜けてしまうかと心配しましたが、数日使っている分には大丈夫そう。

子どもが扱うことを考えて、結構しつこく縫いとめています。




1時間ほどで編めます

細編みだけなので、慣れてしまえばサクサク進めます。

1玉(30cm)編むのに、だいたい15分。

75cm+ベルト部分、ベルト部分を縫い止めるまで、1時間あれば作れるでしょう。

これなら、時間を取れないママや編み物が始めての方でも、子どもに手づくりしてあげられるかな、と思います。

 

マフラーのほかに、ハンカチやランチョンマットも子ども用に作っています。

ランチョンマットの記事で紹介している「裁ほう上手」は便利なので、手芸が苦手なママにはおすすめ!

下記記事からチェックしてみてください。

「裁ほう上手」で幼稚園グッズを簡単に手作り!初心者でも大丈夫布用ボンド「裁ほう上手」は手芸が苦手なママの味方!幼稚園グッズ作りを助けてくれます。使い方や特徴、そして裁ほう上手で簡単にできるランチョンマットの作り方を解説しました。...
手縫いでも簡単に30分で縫える、子ども用の小さめガーゼハンカチの作り方
手縫いでも30分。子どもにぴったり、小さいハンカチの作り方子ども服の小さなポケットに入り、吸水性もあるハンカチが欲しくて手作りしました。手縫いでも30分あればできる、ダブルガーゼの小さなハンカチの作り方を紹介しています。幼稚園の準備にもおすすめです。...
2ヶ所縫うだけ!手縫いでも簡単かわいい、子ども用マスクの作り方風邪の時期、幼稚園ではマスクの着用が義務付けられることも。そんなとき、子どもが喜んで着けてくれるかわいい手作りマスクがおすすめです。 ここでは手縫いでも不器用さんでも簡単にできる、子ども用マスクの作り方を紹介します。...