DIY

アクリル絵の具とボンドでパンプスを簡単補修する方法

気に入っていたぺたんこパンプスが大分傷んできました。

でも新しく買うのももったいないなぁ・・・ということで、自分で補修してみました。

ついでに色も塗り替え。

BEFORE

f:id:HARUKA6262:20180514153132j:plain f:id:HARUKA6262:20180514153204j:plain

パンプスは合皮。

つま先を中心に、表面がはげて裏?の布地っぽいものが露出しています。

上の画像は、ハゲてしまった部分に木工用ボンドを塗って、乾かしたあとです。

AFTER

f:id:HARUKA6262:20180514154229j:plain f:id:HARUKA6262:20180514154245j:plain

寄るとザラザラ感がありますが、ぱっと見はきれいになりました。

布地の部分はもっとボンドを厚めに塗れば質感も寄せられたかな。

絵の具で色を合わせるのが面倒だったので、全体を塗って色も変えました。

リメイク・・・的な?

HOW TO

1.ボンドで布地の部分をカバー

布地部分から水が入るようになってしまったので、多少の耐水性を期待してボンドを塗りました。

直接チューブから布部分に出して、綿棒でちょいちょい広げていく感じで。

1日くらい乾かします。

2.養生する

ソールにマスキングテープを貼って、色が付かないようにします。

3.アクリル絵の具を塗る

絵の具は100均のアクリル絵の具です。

色を作るのが面倒だったので、「茶色」だけです。

混ぜれば色々な色が作れますね。

ラップで包んだ小皿に絵の具を出して、スポンジでポンポンと塗りました。

水は加えていません。

筆よりスポンジのほうがムラなく塗れると思います。

4.乾かす

1日くらい置いておけば大丈夫でしょう。

5.養生をはがす

他の人のブログで、塗料が乾く前に養生をはがしたほうがいい、というものを見かけました。

が、私の場合は乾かした後でもきれいにはがせました。

以上。

まぁ新品のよう!とはいきませんが

かなり簡単に、そこそこきれいになりました。

幼稚園のお迎えに行くくらいは問題ないでしょう。

しばらくはこれで持ちそうです。

まだ雨の日には使っていないし、今後もあまり予定はないのですが

もし水っぽい日に履いたら耐水性?もレポートします。

補修だけでなく、色味を変えたいときにもよさそう。

茶色に飽きたら黒かネイビーにして、

それにも飽きたらラメかビジューを使ってみたいなぁ、と考えています。