子連れお出かけ

八景島シーパラダイスの大水槽にジンベエザメが登場!

2018年10月4日、八景島シーパラダイスの大水槽にジンベエザメが搬入されました。

2016年10月に以前飼育していた子が亡くなって以来、丸2年ぶりのジンベエザメ飼育です。

最大20mになるといわれ、計測では13.7mの固体が確認されている世界最大の魚、ジンベエザメ。

そんなジンベエザメを関東でも気軽に見られるというのは嬉しいですよね。

娘にもぜひ見せてあげたい、私も見たい!ということで、行ってきました。

この記事で紹介すること

  • 八景島シーパラダイスに仲間入りしたジンベエザメ
  • ジンベエザメが暮らす大水槽について
  • ジンベエザメの観察ポイント
  • エサやりイベント「フィーディングタイム」

 

ジンベエザメが仲間入り!


今回展示が始まったジンベエザメは、2018年8月21日に東京湾の入口、千葉県館山沖の定置網に迷い込んだオスです。

8月28日から八景島シーパラダイスの「うみファーム」にうつり、自然の海に近い環境での飼育・経過観察を行なっていました。

そして10月4日からは、アクアミュージアムの大水槽「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」にて展示を開始しています。

水槽搬入時、体長4.5m。

水槽サイズを考慮して、5.5mを超えたら海に帰す予定でだそうです。

ジンベエザメの成長スピードは分かりませんが、あと1mの成長という期限付き。

なるべく早めに見に行きたいですね!

 

アクアミュージアム大水槽

ジンベエザメが入居した、アクアミュージアムの大水槽「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」。

八景島シーパラダイスのシンボルのひとつにもなっている大きな水槽です。

ドラマや映画の撮影に使われることもあるので知っている方も多いでしょう。

何百ものイワシが群れをなし、その周りをサバなどの中型魚が、さらに水槽上部をシロワニなどの大型魚が泳いでいます。

海を切り取ったようなこの大水槽では、大型魚の捕食も展示の一部です。

泳ぎ回るイワシの群れを中型・大型魚が襲う場面が見られるかもしれません。

大型魚の動きに、キラっと光を反射して身をひるがえすイワシはとてもキレイ。

息をのむ弱肉強食の世界を体感できますよ。

正面からだけでなく、水槽内を上がっていくエスカレーターからも、まるで海の中にいるような光景が楽しめます。

また、1階部分から見上げるだけでなく、3階部分(エスカレーターであがった階)からも大水槽が臨めます。

1階からはイワシなどの魚群を、3階からは上部を回遊する大型魚を楽しめて2度おいしい構成です。

 

ジンベエザメをいろいろな角度から観察

雄大な海を実感できる大水槽に君臨しているジンベエザメ。

おとなしい魚ですが、やはりその大きさは存在感があります。

水槽のどこから見るかで、違った様子が楽しめますよ。

 

大水槽1階部分から見上げる雄大なジンベエザメ

ジンベエザメは水槽の上部を回遊しています。

1階部分からは、ゆったりと泳ぐ姿を見上げることになります。

ジンベエザメの動きに散ったり、また集まったりするイワシの魚群のきらめき・・・

いつまででも見ていられるような静かな雰囲気がありました。

 

エスカレーターでジンベエザメに大接近

エスカレーター下から

大水槽の奥に回りこむと、水槽内を通るエスカレーターがあります。

海の底から海面へとゆっくり上昇しながら、魚たちを観察できるイメージ。

回遊するジンベエザメを間近に見られるチャンスです。

一緒に海にいるような距離感と浮遊感は興奮間違いなしです!

ジンベエザメを飼育・展示する水族館は他にもあります。

しかし、このアングルは八景島シーパラダイスでしか見られないのでは?

 

大水槽上部からジンベエザメの横顔をチェック

エスカレーターをあがると、3階フロアです。

一時ジンベエザメにお別れして、入り江の生き物や深海のエリアへ。

その後、クラゲのエリアからは大水槽の上部が見られます。

ここでは、ジンベエザメが泳ぐのと同じ高さからの観察ができます。

口の横幅は約85cm、目の前に来ると大迫力です

とくにクラゲエリアの出口、順路に従って右手の窓は回遊するジンベエザメが目の前を通り過ぎるビューポイント。

肌のざらついた感じ、目やエラまでじっくりと観察できます。

 

ジンベエザメのエサやり「フィーディングタイム」

八景島シーパラダイスでは、1日に2回ジンベエザメにエサをやる「フィーディングタイム」を行っています。

開催時間

  • 11:45~
  • 14:45~

ジンベエザメは海で一番大きな魚ですが、エサはプランクトンや小エビといった、ちいさな生き物。

それらを海水ごと吸い込む豪快な食事です。

エサとなるちいさな生き物は海面にいるので、エサを効率的に食べるためにジンベエザメは海面に口を近づけて、吸い込みやすいように体を縦にします。

この立ち泳ぎが見られるのはエサやりのときだけです。

フィーディングタイムは各回10分程度なので、貴重なシーンですね。

エサを食べる様子は、大水槽前1階・3階どちらからでも見られます。

画像は3階からのもの。

海面や口元を見やすいのは3階ですが、場所が狭いです。

最前列をキープできるように、少し早めに待機するといいでしょう。

 

日本国内のジンベエザメが見られる水族館

今回の展示開始で、八景島シーパラダイスは東日本で唯一のジンベエザメを見られる水族館となりました。

では、八景島以外でジンベエザメを見られる水族館はどこにあるのでしょうか?

気になったので調べてみました。以下、情報は2018年10月のものです。

東側から紹介していきますね。

 

石川 のとじま水族館

トトベエ(オス)、イオリちゃん(メス)を飼育中。

ジンベエザメはエサを食べるとき垂直の姿勢になります。

しかしのとじま水族館の水槽は深さ6mなので、それ以上大きくなると飼育できません。

そのため5.8mほどになったら海に帰しています。

 

大阪 海遊館

海くん(オス)、遊ちゃん(メス)を飼育中。

海遊館では、体長6mほどまで育てて自然に帰す活動をしています。

名前は代々、オスは「海くん」メスは「遊ちゃん」で固定です。

 

鹿児島 いおワールドかごしま水族館

鹿児島では、年に数頭のジンベエザメが定置網にかかります。

そのジンベエザメを水槽内で飼育し、5.5mほどまで成長したら海に帰す「かごしま方式」の展示です。

名前は代々ユウユウ。

現在飼育中の8代目は2018年6月搬入された5mのオスです。

 

沖縄 美ら海水族館

ジンベエザメといえば一番にイメージされるでしょう、人気の水族館。

館内水槽にジンタ(オス)とメス1頭を、海上いけすにメス1頭の合計3頭を飼育しています。

水槽内の2頭は8mを超える大人。

他の水族館では5~6mで海に帰してしまいますから、国内で飼育されているジンベエザメでは最大です。

美ら海水族館ではこの2頭の繁殖が期待されています。

 

見られるタイミングを逃さないように!

国内でジンベエザメを見られるのは、八景島シーパラダイスを含めて5ヶ所の水族館。

そして美ら海水族館以外は5~6mになったら海に放流するため、ずっと飼育しているわけではありません。

4つの水族館では、定置網にかかったものをメインにチャンスがあれば飼育をしていくと思いますが、時期によってはジンベエザメがいない場合も。

とくに八景島シーパラダイスは今回2年ぶり3例目と、他の水族館よりジンベエザメ飼育の機会が少なめです。

関東でジンベエザメに会えるのはここだけなので、このタイミングは逃したくないですね!

とくにちいさな子どもは、図鑑だけでなく実際に見てジンベエザメの大きさを体感できるのは、いい経験になるはず。

ぜひ家族で出かけてみてください。

子連れで八景島シーパラダイスを楽しむために、子連れ向け八景島シーパラダイス攻略情報もおすすめです。

子連れ向け八景島シーパラダイス攻略情報水族館に遊園地にと、子連れで1日楽しめる八景島シーパラダイス。ここでは、ベビーカーや授乳室、オムツ&トイレ事情、そして赤ちゃんも乗れるアトラクションまで、小さな子ども連れファミリー向けの情報をまとめています。...