八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスが目の前!ホテルシーパラダイスイン宿泊体験談

ホテルシーパラダイスイン宿泊体験談

八景島シーパラダイスの年パスを持つ我が家。

普段は日帰りなのですが、2018年12月上旬(平日)に隣接するホテル「シーパラダイスイン」に宿泊して2日間楽しみました。

娘の就寝時間の都合上、今まで見られなかった夜のイルカショー「LIGTHIA」も観賞できました。

ここではそのときの宿泊体験談をまとめています。

  • これからシーパラダイスインに宿泊予定だけど、どんな感じ?
  • 他のホテルと迷っているけど、どう?

という方の参考にしていただければ幸いです。

他のホテルよりホテルシーパラダイスインを選んだ理由、おすすめポイントは八景島シーパラダイスで遊ぶなら宿泊はホテルシーパラダイスインがおすすめにまとめています。

八景島シーパラダイス横のホテルシーパラダイスイン客室からの景色
八景島シーパラダイスで遊ぶなら宿泊はホテルシーパラダイスインがおすすめ八景島シーパラダイスをたっぷり楽しむなら、島内にあるホテル「シーパラダイスイン」がおすすめ。 客室からイルカが見えるホテルです。 おすすめポイントや宿泊の際の注意点をまとめました。...

 

駐車場からは無料送迎&お荷物お預け

 

駐車場無料送迎でホテルへ

八景島には、自家用車は入れません。

シーパラダイスやホテルシーパラダイスインへ行くには、島のそばにある駐車場から歩いて向かいます。

今回は宿泊の荷物があったので、ホテルの無料送迎サービスを利用しました。

駐車場から電話をすると、約10分でお迎えに来てくれます。

無料送迎サービスについて

  • 対応時間/10:30~16:30
  • 対応駐車場/A、B、C

駐車料金はAが1泊2日で1,200円、BとCは2,400円なので、Aがおすすめ。

詳しくはホテルHPの「駐車場案内」をご確認ください。

大きなワゴンで迎えに来てくれました。

八景島駅の方から島に入ります。

島内に入ると、歩行者のためにメロディを流しながら徐行で進んでいきました。

おそらく島内の道路は一方通行で、ホテルまではぐるっと時計回りに回り込むルートです。

そこをゆーっくり進んでいくので、思いのほか時間がかかりました。

しかし、その日は雨で荷物もありましたから、やはり送迎サービスはありがたいです。

 

フロントで荷物を預かってくれます

チェックインは基本14:00からですが、その前にチェックイン手続きを済ませました。

フロントではチェックイン前・チェックアウト後も荷物預かりをしています。

預けた荷物は客室に運び込んでくれていたので助かりました。

1日遊んで帰ってきて、そこから自分で荷物を運ぶ…となると大変ですもんね。

 

イルカやセイウチが見える客室

荷物を預けた後は八景島シーパラダイスで遊んで、部屋に入ったのは19時過ぎでした。

今回泊まったのは、八景島シーパラダイスが見える北側の客室です。

八景島シーパラダイスが見えるのは北側

ホテルシーパラダイスインの客室からの眺め、八景島シーパラダイスが一望できるホテル客室からのながめ

今回利用した北側。

八景島シーパラダイスの「ふれあいラグーン」に隣接していて、部屋から施設内が見えます。

さらに遠くには「アクアミュージアム」の三角屋根、アトラクション「ブルーフォール」などが見られました。

(部屋の位置によっては北側でも見える景色が違うと思います)

ホテルシーパラダイスイン客室から見える八景島シーパラダイスのイルミネーション夜のながめ

宿泊当夜は、窓を開けると八景島シーパラダイスのイルミネーションが見えて1日の楽しみが続いている感じです。

いつもは日帰りなので夜になるとしょんぼりする娘ですが、今日は「帰らなくていいの!」と大興奮。

さらに夜景が見えて「八景島シーパラダイスが見えるよーーー!」と飛び跳ねていました。

ナイトショー「LIGHTIA」やイルミネーションもしっかり楽しめたのも嬉しいポイントでした。

ホテルシーパラダイスインの客室から見える八景島シーパラダイスの「ふれあいラグーン」

そして翌日、夜は暗くて見えなかったふれあいラグーンにまた歓喜。

ホテルシーパラダイスイン客室から見えるセイウチ

セイウチの寝姿を見た娘が「サツマイモみたい」と。

以降そのようにしか見えませんでした。

セイウチは朝が遅めで、8:20分ころに起きました。

その後は、水槽内で考え事をしたり、プールの浅いところで一休みしたり。

清掃のためにオリ(?)に入れられてブーブー言ったりしていました。

考え事をしているようなポーズでクルクルまわるセイウチ。

前にEテレで見たことがあったのですが、どうやら同一セイウチのようです。

2017年に「考えるセイウチ」として話題になったみたい。

彼女の名前はピコちゃんといいます。

ふれあいラグーンのフレンドリーサークルでパフォーマンスをしていて、一緒に写真撮影もできます。

ピコちゃんにおやつをあげられる有料プログラムもありますよ。

ホテルシーパラダイスイン客室から見えるイルカ

イルカはセイウチより早起きさんが多かったかな。

ホテルシーパラダイスイン客室から見える寝ているイルカ寝ているイルカ

1頭お寝坊さんがいて、プールに浮いて寝ていました。

イルカは、左脳と右脳を順番に休ませて泳ぎながら眠れます。

しかし飼育化で安全なので、呼吸確保だけして動かず寝るようでした。

起床後はジャンプしたり、ボールで遊んだり。

飼育員さんの健康チェックを受けたり、パフォーマンスの訓練をしたりしていました。

ホテルシーパラダイスイン客室から見えるシロイルカシロイルカさん

さらに、私たちの部屋からはちょっとだけシロイルカも見えました。

水槽の小さな窓からアシカもチラッと見えたり。

ペンギンを運ぶ飼育員さんがいたり。

テラスで温かいお茶を飲みながら眺めていると飽きないし、あっという間に時間が過ぎていきました。

開館前の様子が見られるのは、ホテルシーパラダイスインの宿泊客だけです。

ちょっと贅沢なひと時を過ごせました。

 

4歳とツインルーム利用

娘と夫と3名での宿泊でしたが、娘は添い寝なのでツインルーム利用でした。

ホテルシーパラダイスインのツインルーム客室客室(ツインルーム)

結構広々使えるお部屋。

子連れだからか、シロイルカのぬいぐるみが置いてあり、娘が喜んでいました。

娘は添い寝でしたが、バスタオルも歯ブラシも3人分あり。

ただ、子供用の寝巻きはないとのことだったので、娘のパジャマを持参しました。

(大人にはフリーサイズの寝巻きがありました)

 

部屋の設備

ホテルシーパラダイスイン客室ユニットバス

客室のお風呂はユニットバスですが、結構広い印象。

とてもキレイでした。

ホテルシーパラダイスイン客室洗面台

お風呂の向かいに洗面スペースがあります。

洗面スペースにはドライヤーがついていますが、ちょっと弱かったです。

娘も私も髪が多いので乾かせる気がしなくて、10分ほどで諦めました。

しっかりドライしたい方は持参するといいかも。

ホテルシーパラダイスイン客室設備

お風呂の隣には空の冷蔵庫、お茶セットなどがありました。

ホテル内にも自販機がありますが、事前に飲み物などを買っておくといいと思います。

八景島内のお土産屋さんでは、お菓子などが買えるところもあります。

 

 

 

イルカ&セイウチを眺めながらの朝食バイキング

朝食は、ホテルの2階にあるレストランでバイキングをいただきます。

朝食は無料。添い寝の娘も食べられました。

朝食時間/8:00~9:30

14種メニューのバイキング、フリードリンク

ホテルシーパラダイスインの朝食バイキング ホテルシーパラダイスインの朝食バイキング

豪華!というものではありませんが、スクランブルエッグ、野菜と鶏肉のグリル、いろいろなパン、ヨーグルトなどがあります。

上の画像、真ん中にある野菜と鶏肉のグリルがおいしかったです。

ドリンクは冷たいものも温かいものもあって、お部屋に持ち帰ることもできました。

 

北側窓側の席がおすすめ

レストランからもイルカやセイウチが見えます。

また、ふれあいラグーン側にあるテラスにはパンくずが撒かれていて、いろいろな鳥が食事に来ていました。

ふれあいラグーンを見るなら、北側の窓辺席がおすすめです。

窓そばは少し狭くなっていて、テーブルが3卓しかありませんでした。

窓辺の席をおさえるなら、開店と同時に行くのがいいでしょう。

私たちも8:00に1番乗りして、無事にセイウチビューをゲット。

娘も喜んでいましたが、私も海獣系好きなので興奮しつつ食事しました。

反対の南側は海が見えて、それはそれで開放感がありますよ。

 

丸1日、八景島シーパラダイスを楽しめるホテル

私たちはチェックアウト後も八景島シーパラダイスで遊びました。

2日あると思うと、余裕を持ったスケジューリングができますね。

とくに私が今回の宿泊で気に入ったのは、

  • 八景島から出なくていい!
  • 部屋からイルカが!セイウチが!見える!!

やはりこの2点です。

シーパラダイスから帰るとき、橋を渡って島から出ます。

その橋がね、なんだか物悲しいのですよ。

「あぁ楽しかったな・・・また来たいな・・・」ってね。

娘もだいたい橋を渡りながら「あーぁ、もう帰るんだ・・・悲しいな」って言うのです。

それがない!

あぁ、楽しかったな~という満足と、明日もいられる!なにをしよう?!というワクワクのうちに眠れるわけです。

そして、おはよう八景島!!!このお寝坊イルカさんめ☆ってな具合です。

イルカを眺めながらテラスでお茶!

ステキ!!

どっぷりと、八景島シーパラダイスにひたれるお宿でした。

八景島シーパラダイスを満喫するなら、おすすめです。

おすすめポイントについては、八景島シーパラダイスで遊ぶなら宿泊はホテルシーパラダイスインがおすすめにまとめています。

八景島シーパラダイス横のホテルシーパラダイスイン客室からの景色
八景島シーパラダイスで遊ぶなら宿泊はホテルシーパラダイスインがおすすめ八景島シーパラダイスをたっぷり楽しむなら、島内にあるホテル「シーパラダイスイン」がおすすめ。 客室からイルカが見えるホテルです。 おすすめポイントや宿泊の際の注意点をまとめました。...

ホテルシーパラダイスインに宿泊する際の注意点なども書いているので、こちらもご参考にどうぞ。