暮らし

買ってよかった♡多機能でコンパクトな布団乾燥機 ブルーノ マルチふとんドライヤー

買ってよかった布団乾燥機 ブルーノマルチふとんドライヤーアイキャッチ

あると便利なふとん乾燥機。

でも「わざわざ買わなくても…干せばいいじゃん」とか、「布団乾燥機って大きいし、面倒になって結局使わないんじゃ…」なんて思っていた、無くても困らない家電No.1

そんな中、「あってよかった♡買ってよかった♡」と我が家で大活躍しているのが、ブルーノのふとん乾燥機、マルチふとんドライヤーです。

ここでは、コンパクトで多目的に使えるマルチふとんドライヤーの魅力を簡潔に解説します。
ふとん乾燥機購入の参考になれば嬉しいです。

4つの機能で1年中活躍

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤー

ふとん乾燥機、布団を乾かすためだけに要る…?と思いがちですが、ブルーノのマルチふとんドライヤーなら、布団の乾燥だけでなくダニ対策や靴干しにも使えます。

布団が干せないときもふっくら、布団の中がひんやりする冬もほっこり。
とくに雨が多い梅雨や秋には、ふとん乾燥・靴・洗濯物…と大活躍なのです。

ふとん乾燥・あたため

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤー ノズルを伸ばしたところノズルは伸縮自在

伸ばしたノズルを布団に差し込んで、スイッチをひねるだけ。
ふとん乾燥は60分のメモリが目安ですが、ふとんを温めるだけなら20分くらいでもイケます。

敷布団と掛け布団がくっついていると風が入りにくいので、一度バサッと掛け布団を持ち上げて、間に隙間を作っておくと隅々まで温まりやすいです。

私は末端冷え性で冬は寝つきが悪いのですが、寝支度のときにマルチふとんドライヤーをセットしておくだけで、気持ちよく1日を終えられるようになりました。

ダニ対策

出典:BRUNO公式

上の画像は、30分布団乾燥をかけた状態。
布団全体が50℃にあたためられています。

ダニはだいたい50℃で20~30分熱すると死にます。
ブルーノのマルチふとんドライヤーの温風は、最高75℃(送風口近く)。
布団全体も50℃くらいまで温められるので、ある程度時間をかければ布団内部のダニを殺せるわけです。
(ダニの死骸もアレルギー要因なので、掃除機で吸引すると◎)

効率的に対策するなら、布団用の収納袋などに入れた状態でマルチふとんドライヤーを使うのがおすすめです。

また、ぬいぐるみや衣類、カーペット、押入れなどにも使えます。

靴乾燥

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤー 靴乾燥用のアタッチメント靴乾燥用のアタッチメント
布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤー 靴乾燥の様子

付属している靴用アタッチメントを使えば、効率的に靴を内部から乾かせます。

雨で濡れた靴、ブーツのムレ、洗って乾きにくい上履きに…と我が家では大活躍です。
アタッチメントの先割れに手袋をつければ、雪かきやスキーのグローブ、バイクグローブなんかもさっぱりしますよ。

革製品など、高温が苦手な素材には夏コースが安心です。

衣類乾燥

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤー ノズルを伸ばした状態(縦置き)ノズルは自由に向きを変えられます

室内干しの洗濯物に風を当てれば、衣類乾燥機としても使えます。

  • 風が当たる場所をときどき変える
  • サーキュレーターと併用

で、より乾燥効率UP。

スポット暖房

ちょっと足元が寒いとき、着替えのときなど、パッと身近をあたためるスポット暖房機としても使えます。
すぐに温風がでるので助かりますね。

寒い時期、はくときに勇気のいる冷たいジーンズも、ホースを突っ込んでおけば即あったかです。

2モード使い分けで冬はあったか、夏はさっぱり

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤーのモード説明

ブルーノのマルチふとんドライヤーは、冬コース・夏コースが選べます。

ふたつのコースの違い

  • 冬コース
    温風のみの運転。
    ふんわり、あたたかく仕上がります。
  • 夏コース
    温風のあと、自動で送風に切り替え。
    風で熱をとばして、熱くなくさっぱりと仕上げます。

夏コースは、梅雨時期にふとんを乾燥させてさっぱりしたい!というときや、皮靴など熱に弱い素材を乾燥させるときにおすすめです。

コンパクトで軽量、部屋になじむシンプルデザイン

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤーのサイズ画像は横置きだけど縦置きもOK

ブルーノマルチふとんドライヤー サイズ

  • W36cm×H22.5cm×D11.5cm
    (W長はノズル収納時のサイズ)
  • コード長:約2m
  • 重量:約1.4Kg

布団乾燥機って、結構大きかったりかわいくなかったりで、部屋に置いておきにくいもの…というイメージがありますが、
その点、ブルーノのマルチふとんドライヤーなら、ちょっと部屋の片隅にあっても違和感ないサイズ感&デザインです。

押入れやクローゼットにしまっていると、出し入れが面倒で使わなくなっちゃうズボラな私には、出しっぱなしでもOK・サッと使えるのは本当にありがたい。
衣類乾燥や靴乾燥など、移動もラクチンです。

コードを収納できてスッキリ

布団乾燥機ブルーノマルチふとんドライヤーのコード収納

ブルーノマルチふとんドライヤーは、側面にコードを収納できます。
フタをすれば見た目スッキリ!

地味ですが私のお気に入りポイントです。

マルチふとんドライヤーのデメリット:ちょっとうるさい

全体的に大満足なマルチふとんドライヤーですが、あえて欠点をあげるなら「音がうるさい」です。

かなりパワフルなので仕方がないのですが、同じ室内で運転していると、TVのボリュームを2~3大きくしたくなります。

ただ、スポット暖房以外なら別室での運転がほとんどなので、そんなに問題は感じていません。
スポット暖房は、着替え中だけとか調理中などであまり音は関係ないですね。

マルチふとんドライヤーでQOL向上♡

マルチふとんドライヤー、最初は「布団乾燥機、要る?」とあまり購入に乗り気ではなかったのです。
が、ふとんを干す代わりに、あたために、靴や衣類の乾燥に…とちょっとしたときに「あってよかった♡」と感じています。

無いとどうしても困る!ってワケではないけど、あるとちょっと暮らしが良くなる…そんな感じですね。

1家に1台、とくにファミリーには活躍間違いなしなので、おすすめしたいです。