暮らし

まだ夏に麦茶?さっぱりフレーバーウォーターのおすすめレシピ

夏と言えば麦茶。

我が家でも冷蔵庫に水出し麦茶を常備しています。

でも毎日飲んでいると・・・飽きませんか?私は飽きました!

そこで試してみたのが、お洒落なカフェなんかで見かけるフレーバーウォーターです。

これおすすめ!

水出し麦茶よりすぐできるし、さっぱりして夏にぴったり。

見た目もかわいくて、気分が上がります。

フレーバーウォーターってなに?

簡単にいうと、フルーツやハーブなどでふわっと風味をつけた水のこと。

ジュースよりは薄味でさっぱりしています。

フレーバーウォーター(Flavored water)とは、果物や野菜、ハーブ、スパイスなどを少量加えて風味をつけた飲料。ニアウォーターともいう。

(出典:Wikipedia)

ちなみに、日本飲料業界でニアウォーターというと、かつて大人気だった「桃の天然水」が代表格。

フレーバーウォーターとしては「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」がきっかけになってブームになりました。

最近は色々な商品がありますね。

作ってみよう!

レモン×スペアミント

私が作っているのはこんな感じ。

  • レモン(国産)の輪切り:1~2枚
  • スペアミント:4,5枝
  • 水:800~1,000cc

この3つをあわせるだけ!

分量に幅があってすみません・・・お好みで。

ポッカレモンなどのレモン果汁を使うともっと簡単に作れます。

私はミント多めのスーっとしたものをキンキンに冷やして飲むのが好きです。

アレンジ色々

私はレモンが好きですが、オレンジやベリー系を使っても美味しそう。

ハーブは使わなくてもいいし、フルーツに合わせて種類を変えてもいいと思います。

オレンジ×ローズマリー・・・とか?

また、炭酸水を使えばさらに爽やかな仕上がりになりますね。

冬にはジンジャーやハチミツを加えて、ホットで楽しむのもよさそうです。

好みに合わせてアレンジができるので飽きずに楽しめます。

子どもも飲める?

上記のレモン×スペアミントは娘(4歳)も大好きです。

ジュースより健康的ですよね。

ただ、使うフルーツやハーブによってはアレルギーなどの可能性があります。

また、ハーブは種類によって消化促進や逆に消化を穏やかにするなど、いろいろな効果があります。

特に体の小さな子どもはその影響を受けやすいので、摂りすぎには注意が必要です。

しかしフレーバーウォーターのように水に溶け出る程度の成分なら、ほぼ問題はないかと思います。

ただこれは私の個人的な考えです。

子どもの体質や体調、年齢によりますのでご承知くださいね。

デトックスウォーターとは違うの?

インスタ映えで人気のデトックスウォーター。

ガラス瓶などに入ったフルーツやハーブがキラキラしておしゃれですよね。

しかも飲むだけでデトックスできるとか、美容にいい成分が摂れるといった効果があるらしいです。

スムージーよりも手軽という点でも人気があります。

そんなデトックスウォーターとフレーバーウォーターに違いはありません。

デトックスウォーター=フレーバーウォーターと言えます。

また、フルーツウォーターなんて呼び方をする方もいます。

しかし個人的には「果物や野菜の切れ端を入れた程度の水で、体はどうにもならないでしょ」という気持ち。

デトックスにしろ美容にいい成分にしろ、水に入れるより直接食べるほうが効率いいはずです。

そんなわけで、私はフレーバーウォーターと呼びたいです。

とはいえ・・・

爽やかな味わいは夏にぴったり

ジュースより軽い口当たりで、甘味料もなし。

好みでフレーバーも変えられますし、作り方も簡単です。

麦茶には飽きちゃったなー・・・なんて残暑を乗り切るのにぴったりなフレーバーウォーターは魅力的です。

ぜひお試しあれ~!