ハンドメイド

フェルトボールを使った2種類のピアスの作り方

フェルトボールとフェルトボールを使ったピアスの作り方

ころんと丸いかたち、羊毛の柔らかな風合い・・・

寒い季節にぴったりの、あたたかでかわいいフェルトボールのピアスを作りました。

作り方は簡単ですし、ボールのサイズや色を変えるだけでもガラッとイメージが変えられるので手芸初心者の方にもおすすめ!

実際、不器用な私でも大丈夫でした。

今回は毛糸からフェルトボールを作り、ピアスにしています。

2タイプのレシピを紹介しているので、参考にしていただけたら嬉しいです。

羊毛フェルト、フェルトボールとは?

毛糸から作ったいろいろな色のフェルトボール

羊毛フェルトとは、羊毛の繊維をからめて「フェルト化」して形を作る手芸です。

フェルト化には2種類があります。

  • ニードル羊毛:特殊な針で繊維をからめてフェルト化する。
  • シート羊毛:石けんや洗剤と水で繊維を刺激してからめてフェルト化する。洗濯でセーターが縮むのと同じ仕組み。

「羊毛フェルト=ニードル羊毛」というのが一般的なイメージかな。

フェルトボールは羊毛フェルトで作ったボールのことで、羊毛フェルトの基本になっています。

簡単に作れるので、アクセサリーや雑貨の素材としてよく使われます。

サイズや色によって使い道やイメージが変わる、なかなか奥深い存在です。

 

フェルトボールの作り方

フェルトボールは、上記のニードル羊毛とシート羊毛、どちらでも作れます。

ここではニードル羊毛での作り方を説明します。

材料・道具

羊毛フェルトの材料と道具(スポンジ台、羊毛、ニードル)羊毛、針(ニードル)、スポンジ
  • 羊毛
  • 専用の針(フェルティングニードル)
  • 台になるスポンジ

羊毛や道具はだいたい100均で購入可能です。

初めて羊毛フェルトにチャレンジする場合はとりあえず100均でOKだと思います。

私も100均。

手芸店には、複数の針を1度に刺せるものもあります。(針の数だけ作業がラクになります)

羊毛は100均だとカラーが限られます。もし好きな色が見つからない場合は、ウール100%の毛糸をほぐして使えます。

以下、画像は私が100均の毛糸からフェルトボールを作ったときのものです。

 

羊毛を丸めてひたすらチクチク

毛糸からフェルトボールを作る毛糸は10cm程度にカット
ウール100%の毛糸をほぐして羊毛状態にしてフェルトボールを作る毛糸をほぐしてモコモコに

羊毛を丸めて、ニードルで突き刺していきます。

四方八方から突いていくとだんだんフェルト化してまとまっていきます。

ニードルで刺していくと羊毛がまとまってフェルト化し、ボール上になっていくだんだんまとまって…
まとまって丸くなってきたフェルトボールの様子ボール状になってきます

最初はブスブス貫通させる勢いで刺すと作業が速く進みます。

貫通するときに危ないので、スポンジなどの台の上で作業するのがおすすめです。

羊毛はフェルト化すると小さく固くなっていくので、作りたいサイズに合わせて羊毛を足して、ニードルで指す作業を繰り返せば完成です。

1ヶ所ばかりを刺しすぎるとそこだけが固くへこんでしまいます。

バランスを見ながら全体を刺すように気をつけて。

また、ずっと深く刺しているとニードルの穴が目立ってしまいます。

仕上げの段階になったら少し浅めに刺して表面を整えてください。




シンプルなフェルトボールピアスの作り方

フェルトボールを1粒使ったシンプルなピアスフェルトボールを1つ使ったシンプルデザイン

材料・道具(片耳分)

シンプルピアスの材料と道具
  • フェルトボール
  • ワイヤー(太さ0.7mmくらい)
  • ピアスキャッチ

 

  • 接着剤
  • ニッパー
  • ラジオペンチ
  • ヤスリ
  • (目打ち)

ワイヤーは、アクセサリー用のアーティスティックワイヤーなどを使うといいかと思いますが、私は100均のワイヤーを使っています。たぶんステンレス。

材料・道具は全て100均で購入できます。

目打ちはなくても大丈夫かも。

 

ワイヤーをカット

まずワイヤーを適当な長さにカットし、指とラジオペンチでまっすぐにします。

長さは、フェルトボールの半径+1cmくらいです。

切り口はヤスリで削って、肌に当たっても痛くないように整えてください。

 

フェルトボールにワイヤーを刺す

フェルトボールに、だいたい真ん中まで目打ちで穴をあけます。

ワイヤーに接着剤を付け、フェルトボールに差し込みます。

しばらくそのままにして乾かします。

目打ちがない場合は、ワイヤーを直接刺してもいいですが、フェルトボールの密度によっては刺しにくかったり、ワイヤーが曲がってしまうかもしれません。

目打ちを使ったほうが簡単きれいだと思います。

 

完成

接着剤が乾けば完成です。

100均などで売っているピアスキャッチと合わせて使ってください。




フェルトボールとパールビーズの揺れるピアスの作り方

フェルトボールとパールビーズを使った揺れるフックピアス揺れるのがかわいいフックタイプ

材料・道具(片耳分)

手作りピアスの材料になる丸カン、Tピン、9ピン、フックピアス丸カン、Tピン、9ピン、フックピアス
  • フェルトボール:2個
  • パールビーズ:1個
  • Tピン:3本
  • 丸カン:1つ
手作りピアスに使う道具類(目打ち、ラジオペンチ、丸ペンチ、ニッパー)目打ち、ラジオペンチ、丸ペンチ、ニッパー
  • フックピアス:1つ
  • 丸ペンチ
  • ラジオペンチ
  • ニッパー
  • (目打ち)

材料・道具は全て100均で購入できます。

 

Tピンにフェルトボール・パールビーズを通す

Tピンは、ビーズなどを通して、他のパーツとつなげていくアイテムです。

Tピンは片方が行き止まりになっていて、Tの形をしているので「Tピン」。それだけで独立したパーツを作れます。

ピアスパーツをつなげるTピンの使い方Tピンの使い方
  1. ビーズにピンを通します。
  2. ビーズの上で直角にピンを曲げます。
  3. 輪になる長さ(だいたい7~8mm)を残してカットします。
  4. ピンの端を丸ペンチでつかみ、ペンチにピンを沿わせるようにしてクルっと丸めます。

このようにして、フェルトボールとパールビーズをそれぞれのパーツにします。

 

各パーツを丸カンでつなぐ

丸カンに、フェルトボール、パール、フックピアスを通して閉じる。

完成!

丸カンの開き方・閉じ方

丸カンは下の画像のように、上下に開きます。

丸カンの正しい開け方と間違った開け方の比較円をゆがめないように…

開くときには、輪の切れ目を片方ずつペンチでつかんで、上下に開きます。

下の画像のように左右に開くと、丸カンの形か崩れてしまいますし、壊れやすくなってしまいます。

Tピンや9ピンも同じように、上下の向きに開きましょう。




冬にぴったり、ふんわりかわいいアクセサリー

まあるいフォルム、温かみのある質感で、フェルトボールは冬にぴったりのアクセサリーになります。

鮮やかなカラーを取り入れやすいのもフェルトアクセサリーの特徴ですね。

フェルトボールのサイズ感やカラーでも大きくイメージが変わるので、ぜひあなたのファッションに合わせていろいろなデザインを試してみてください!

 

100均で買えるパーツをつなげるだけの、簡単5分!パーツをつなげば出来るオリジナルピアスの作り方も紹介しています。

簡単5分!パーツをつなげば出来るオリジナルピアスの作り方100均で買える材料・道具類で作れる、簡単なオリジナルピアスの作り方(3種類)を紹介しています。 約5分でできるので時間がない方、不器用な方にもおすすめです。...