子連れお出かけ

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」は子連れファミリーにおすすめ!

子連れにおすすめリゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」イメージ

子どもはプールや水遊びが大好き!

たくさん遊んであげたいけど、親としてはちょっと大変なところもありますよね。

  • 日焼けが気になる
  • お天気・気候は?(熱いのも寒いのもイヤ)
  • 子どもの相手しんどい(疲れちゃう・飽きちゃう)
  • ケガや事故、変質者とか心配

・・・というのが、私の内心。

そんな私が「また行きたい~~!」となる、もちろん子どもも大喜びの屋内プールを紹介します。

  • 季節やお天気に関係なく楽しめる(快適!)
  • キッズエリア充実
  • 安心&安全
  • 親も楽しい

リゾナーレ八ヶ岳にある屋内プール「イルマーレ」です!

ファミリーに優しいリゾート、リゾナーレ八ヶ岳

星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」の風景リゾナーレ八ヶ岳

星野リゾートの運営するアクティビティの豊富なリゾートホテルで、カップルや大人の旅だけでなく、ファミリーにも優しいのが魅力です。

アクセス

リゾナーレ八ヶ岳は、山梨県小淵沢にあります。

我が家(川崎市)から車で2時間ほど、電車なら1時間半くらいで行けて、子連れでもちょっと優雅なリゾート体験が手軽にできます。

特に、年中遊べるビーチ風プールはリゾート感満点です。

もちろん宿泊が一番のおすすめではありますが、日帰りでも十分に楽しめます。

 

イルマーレのプールの種類

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」の見取り図イルマーレの施設案内図

「イルマーレ」はイタリア語で「海」という意味だそうで、その名のとおりまるでビーチを切り取ったような波のプールを中心に展開しています。

屋内プールですが天井が高く、ガラス張りの壁から外の光が入るので、開放感があり気持ちよく過ごせます。

波のプール

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」波のプールを見下ろしたところ

イルマーレの中央には、波が出るプール。

1時間に1回(毎時00分から)10分間、最大1.2mのビッグウェーブタイムがあります。

引いては寄せる波打ち際で遊んだり、浮き輪で波の揺れに身を任せたり・・・

レンタルのボートを使う方も多いです。

我が家は浮き輪を持っていって、娘の足がつく(水深1mくらい)範囲で遊びました。

小さな子は浅瀬から少しずつ深いところに進んでいくことで、水に慣れていけますよ。

 

ボールプール

波のプールの隣には、赤ちゃん・幼児用のプールがあります。

滝があり、一面ボールが浮いているプールで、水深が浅いのでプールデビューの赤ちゃんにも安心です。

無料で借りられるスコップやバケツ、水車などのおもちゃがあり、いろいろな遊びができますよ。

 

スパゾーン

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」のスパゾーンスパゾーン(外にもいける)

イルマーレには、ジェットバスやボディシャワー、スチーム式のサウナがあります。

プールの水温も低くはありませんが、体が冷えたり疲れたりもしますよね。

そんなときはスパゾーンで温まってホワーっと癒されて一息。

ジェットバスは一部が屋外につながっていて、お空の下でゆったりとおしゃべりなどできます。

冬に雪を眺めながらのジェットバスはなかなかオツです。

 

キッズエリアが誕生

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」の新しいキッズエリアにある噴水やスライダー新しいキッズエリア
リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」キッズエリアにあるスライダー奥のほうにある4つのスライダー

2018年7月、一部がリニューアルしてキッズエリアが作られました。

長さの違う4つのスライダーやいろいろな噴水、ミニプールなどで構成されています。

遊ぶ中でいろいろな水の動きを感じたり、観察したりと、ただ遊ぶだけでなく子どもたちの好奇心をくすぐる作り。

ウェーブタイムになると人が少なくなるので、遊びやすくなります。

なお、一番大きなスライダーは大人(体重70Kg以下)も楽しめますよ。

 

ナイトプールはロマンチック

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」のナイトプール

イルマーレは夜まで営業しています。

日が暮れてくるとライトアップされて、ラグジュアリーな雰囲気に。

夕方からは人が減ってきて過ごしやすくなります。

 

プール内やリゾート内で食事OK

リゾナーレ八ヶ岳の屋内プール「イルマーレ」のなかにあるカフェスペースプールエリア内のカフェスペース

イルマーレ内にはカフェがあり、パスタやカレー、スナック、ドリンクなどを販売しています。

アルコールもあるので、ビーチチェアでちょっと一杯☆なんてこともできます。

イルマーレは当日中なら再入場ができますから、一度外に出てリゾート内外で食事するのもOKです。

ホテルのメインレストランだけでなく、ピーマン通り(色々なお店が入ったリゾナーレのメインストリート)にもカフェやレストランがあるので、かなり選択肢がありますよ。

プールから一時退出する場合は、受付で一度コインロッカーのカギを返しますが、また戻ってきたら同じロッカーを使えます。

水着などの荷物はロッカーに入れっぱなしでOKなので身軽に外出できるのは嬉しいですね。

我が家のおすすめはビュッフェレストラン「YYグリル」。赤ちゃん向けのおかゆなどもあって、ファミリーに優しいです。

 

イルマーレを子連れにおすすめする理由

季節も時間も関係なく遊べる

イルマーレは屋内型(一部屋外もあり)のプール。

プール内はだいたい30度くらいの気温に保たれていて天気に関係なく遊べますし、直射日光も気になりません。

また、夜21:00(季節によっては19:00)まで営業していて一日中楽しめます。

営業時間は季節によって変わりますが、一年中営業していて真冬でも常夏のビーチ気分。

春にはプールにフラワーフローとが浮かべられたり、ハロウィンには半漁人の監視員さんが現れたりと、季節ごとのイベントで何度行っても飽きません。

 

手ぶらで行っても楽しめる

イルマーレでは浮き輪やボート、水着などをレンタル&販売しています。

水着は80cmサイズから大人用まで、さらにマタニティ用もあります。

オムツ外れ前の赤ちゃんには水遊び用オムツと水着着用が必須ですが、オムツは受付で購入可能です。

そしてタオルは無料で使い放題。

つまり、手ぶらでフラっと行っても十分にプールステイを楽しめる!というわけです。

子ども向けのスイムベスト、ビート板、水用オモチャも無料でレンタルできるので、小さな子連れでも安心です。

持参するとかさばるタオルが無料で借りられるのはありがたいですね。

水着などもレンタルしてしまえば、洗濯の手間がなくなってラクチンです。

 

プール内はキャッシュレスで過ごせる

イルマーレでは、入場時に1人につきひとつロッカーのカギを割り当てられます。(ロッカーの使用自体は無料)

そしてプール内での支払い(カフェやレンタル品)はそのロッカーキーに紐付けされていて、プールから出るときに一括で精算します。

ホテル宿泊者ならお部屋チャージもできます。

プール内でお金を管理する手間がないというのは、小さいことのようですがかなり気楽です。

特に子連れには、余計な手間が省けるのでありがたいシステムです。

 

シャワールームの設備・アメニティが充実している

プール上がりに浴びたいシャワー。

イルマーレでは、更衣室にシャワールームがあり、男女ともにボディソープ、シャンプー、コンディショナーなどが備え付けられています。

ベビー用のおふろチェアやベビーソープもある心遣いが嬉しいです。

もちろんドライヤーも完備。

さらに女性には、クレンジング、化粧水、乳液、綿棒など充実のアメニティが揃っています。

ちなみに女性更衣室にはベビーベッドもありました。

私たちは宿泊しない場合、このシャワールームで娘をしっかり洗い、「もうお夕飯食べて帰ったら寝るだけ!」状態にしてしまいます。

そしてリゾート内か道中で夕食を済ませ、車の中で娘は爆睡→ベッドに運ぶ、という流れです。

疲れて帰宅してからお風呂~・・・ということがないので楽です。

 

衛生管理・安全管理がしっかりしている

プールは、日に何度か水質チェックをしているようです。(スタッフさんがなにやらしてるのを見た)

飲食等の持込は禁止ですし、屋内なのでゴミや虫などの混入もありません。

イルマーレに行った日は少し肌が乾燥するので、実感として他のプールより塩素などが強めかな?と感じます。

肌ケアは必要ですが、水質の安全性が高いのかなと個人的に考えています。

また、プール内には監視員さんが配置されています。

大きな波が出るウェーブタイムには増員されますし、キッズエリアにもスタッフさんがいてルールの指導などしてくれるので、小さな子連れでも安心感が高いです。

リゾートホテル内ということもあってか、ルールやマナーを大きく逸脱するお客さんも少ない印象です。(ルール違反があるとスタッフさんがしっかり注意してくれるよ)

 

イルマーレの営業時間・料金

営業時間・価格は日にちによって変動します。

詳しくは公式の営業時間・料金カレンダー(PDF)でご確認ください。

以下はざっくりした区分です。目安にどうぞ。表示価格は税込み、2019年3月のものです。

個人的には、安くなる&混んでないオフシーズン(1月~7月上旬、9月~12月)がおすすめです。

 

営業時間

季節や曜日によって変動します。

基本は10:00~19:00。

ハイシーズン(GWと夏休み)、週末は21:00まで。

最終入場は閉館の1時間前までです。

ホテル宿泊者には朝ちょっと早めに開館します。

 

1月~7月上旬・9月~12月

  • 大人:2,000円
  • 3歳~小学生:1,000円
  • 2歳以下:無料

 

ゴールデンウィーク・7月中旬~8月

ゴールデンウィークと夏休みはちょっとお高くなります。

  • 大人:3,800円
  • 3歳~小学生:1,900円
  • 2歳以下:無料

夕方(16:00以降)からの入場の場合

  • 大人:2,400円
  • 3歳~小学生:1,000円
  • 2歳以下:無料

になります。

宿泊客はお得

宿泊には、プール利用が含まれているプランもあります。

その場合は滞在中(到着日から出発日まで)はプール入り放題です。

プールが含まれないプランの場合でも、日帰り利用より安く遊べてお得です。

  • 大人:1,500円
  • 4歳~小学生:750円
  • 3歳以下:無料

宿泊者価格は1年を通して変わりません。

また、無料の年齢が3歳まで拡大されています。

 

長野・山梨県民はお得

長野県・山梨県に住んでいる方には優待価格が設定されています。うらやましい!

適応されるのは1月~6月(GW以外)と10月~12月。詳しくは上記の公式カレンダーで。

  • 大人:1,000円
  • 3歳~小学生:500円
  • 2歳以下:無料

 

子供も大人も快適に楽しめる

子供が喜ぶから連れて行ってあげたいけど、大人は大変・・・なプールですが、イルマーレなら子供も大人も快適に一日中遊べます。

ホテルのサービスやレストランのディナーもおすすめ、プール以外にもアクティビティがあるので、宿泊がベスト!ですが、プールメインで日帰りでも十分楽しいです。

  • 赤ちゃんのプールデビュー
  • 家族でいつもとちょっと違ったお出かけ
  • リゾートごっこ

私の大好きなホテルなので、気に入ってもらえたら嬉しいです。

ちなみにリゾナーレ八ヶ岳は託児所があってファミリーの旅行にこちらもおすすめ!

子どもも楽しみながら大人の時間も作れる嬉しいサービスです。ぜひ!

詳しくは「リゾナーレ八ヶ岳には託児所や子どもだけでのアクティビティがあるよ」に紹介しています。

子連れ旅行でも大人の時間!リゾナーレ八ヶ岳には託児所や子どもだけのアクティビティがあるよ子ども中心になりがちな子連れ旅行。でも大人の時間もほしいですよね。そんなパパママ向けに、リゾナーレ八ヶ岳の託児サービスについて、実際に利用したレポートなど詳しく紹介しています。...