子連れお出かけ

子連れで鴨川シーワールド攻略!授乳室やベビーカーなど気になる点をチェック

ファミリーで楽しめる鴨川シーワールド。

子連れでお出かけとなると、色々心配がありますよね。

  • ベビーカーで移動できる?
  • オムツ換えや授乳できる場所は?
  • 食事できるところはどんな感じ?

そんな、子連れに気になるポイントをまとめました。

子どもと快適に楽しむために、ぜひお出かけ前にチェックしてください!

入場料や営業時間などはこちらをチェック↓

川崎から約2時間だから鴨川シーワールドは日帰りもできる!シャチがいる水族館「鴨川シーワールド」は神奈川(川崎)から車で2時間ほどで行けます。 意外と近く日帰りもできるので神奈川県民にもおすすめ。 詳しいアクセス方法をまとめています。...

駐車場は場所によって結構歩くかも

駐車場は、鴨川シーワールドメインゲートに隣接しています。

収容台数は約1,200台で、普通車なら1日1,000円で停められます。

全体の1/3くらいはアスファルト舗装されていますが、残り2/3くらいは砂利道です。

また横長の形をしているので、ゲートとは反対の端に車を停めると300mちょっと歩くことになります。

我が家は9:00過ぎに到着したらほぼすみっこで、ゲートが少し遠く感じました。

ベビーカーで砂利道が大変な場合などは、一度歩道に出たほうが歩きやすいかと思います。

 

ベビーカーOK、レンタルもアリ

園内は各所に階段がありますが、だいたいスロープがセットになっています。

場所によっては、エレベーターもありました。

園内(特に屋外)は通路が広々していることもあり、ベビーカーでもスムーズに移動できると思います。

各ショーが行われる「スタジアム」のそばにはベビーカー置き場があり、そこにベビーカーを置いてショーを観覧できます。

ベビーカーレンタル:300円

 

授乳室&オムツ換え台

授乳室は園内に3ヶ所あり、中にオムツ換え台もあります。

ほかには、シンク、電子レンジ、オムツ用ゴミ箱があるそうです。

「ミルク用のお湯はスタッフさんに頼むともらえる」という口コミもありました。

(我が家はもう授乳室を使っていないので、あいまいですみません・・・)

売店のレジではオムツの販売もしています。

ちなみに、子供服も売っているので着替えが必要になった場合でも慌てなくてOK。

 

トイレ事情

男女トイレは、数はあるけどキャパ小さめ

園内は広いですがトイレの数は多めで、7ヶ所あります。

(園内マップにある6ヶ所のほか、隣接するオフィシャルホテルの1階レストランそばのトイレも使えました。)

園内のどこにいても「トイレが遠い」ことはないでしょう

ただ、トイレ1ヶ所ごとのキャパが小さめです。

女子の場合、個室が2~4室くらいしかありません。

男子トイレもやはりキャパがなく、個室は1~2室。

子連れが多いこともあってか、私が行った日(夏休み日曜)はどこも並んでいました。

男子トイレも、女子ほどではありませんが多少混雑があったようです。

トイレがガマンできない小さな子連れの場合は、こまめに声かけしてあげるといいかな。

 

多目的トイレは5ヶ所

多目的トイレは5ヶ所にあります。

私が見かけた限りでは、いつも使用中だった気がします。

中には大きなベッドがあるようでオムツ換えができそうですが、本来の使い方ではないと思うので、出来れば授乳室のオムツ交換台を利用しましょう。

 

ショーの席は早めにキープ

各パフォーマンスが行われるスタジアムの収容人数は以下のとおり。

  • シャチの「オーシャンスタジアム」:約2,000人
  • イルカの「サーフスタジアム」:約1,000人
  • アシカの「ロッキースタジアム」:約1,000人
  • ベルーガの「マリンシアター」:約708人

各パフォーマンスは1日にだいたい4~5回ずつ予定されています。

この収容力と回数なら余裕でしょ~、と思いきや、私たちが行った日はどこも満席&立ち見でした。

私たちの場合、

  • イルカ:開演10分ほど前ですみっこの席ゲット
  • シャチ:開演15分ほど前で、座席は満席、立ち見1列目まで埋まっている状態。立ち見2列目でなんとか鑑賞できました。

特にシャチは人気なので、希望の場所で見るためにはかなり前(開演30分以上?)から待機が必要だと思います。

空いてくるとしたら、夕方の回ですね。

シャチのショーについては「鴨川シーワールドのシャチパフォーマンスは控えめに言ってビショ濡れの大迫力!!」にレポートしています。

鴨川シーワールドのシャチパフォーマンスは控えめに言ってビショ濡れの大迫力!!鴨川シーワールドで行われるシャチの大迫力パフォーマンス。特に夏のイベントではびしょぬれになって楽しめます。その様子を詳しくレポートしました。...

 

レストランは3種類&テイクアウト

鴨川シーワールドには3つのレストランがあります。

フードコート「マウリ」

お手軽価格(700円~1,000円くらい)でカレーやパスタがいただけます。

お子様用のカレーやパスタもあります。

手軽なので、お昼時は結構混雑していた印象です。

 

シャチが見えるレストラン「オーシャン」

シャチのプールに接していて、泳ぐシャチが見られます。

価格は少しお高めで、1,200円くらいから。

キッズプレートもあります。

オーシャンの中にさらに「the CAVE」というフルサービスレストランがあって、こちらではコース料理を楽しめます。

入園とコース料理がセットになってお得な「CAVEコース付き入園プラン」もあります。(2019年3月末まで)

 

バイキング「サンクルーズ」

鴨川シーワールドに隣接している公式ホテル内のレストラン。

時間無制限でバイキングを楽しめます。

料金は大人:1,730円 4歳~小学生:1,080円 2~3歳:540円

入園とバイキングがセットになってお得な「ランチバイキング付き入園プラン」もありました。(2018年10月末まで)

我が家はセットプランを使って、サンクルーズでランチをしました。

メニューは和洋折衷で色々ありますが、ざっくり言うと業務用冷凍食品って感じです。

味はそれなりですが、セットプランだと大人1人あたり1,000円なので、まぁアリかなぁ。

子連れにもおすすめできるので、12時を過ぎると結構並んでいました。

子供ウケしそうなハンバーグやナゲット、カレー、ピザなどがありました。

パンや白米、ヨーグルトなどもあるので小さい子も困らないかと思います。

時間制限がないので子供に食べさせて自分も食べて・・・というのも慌てずにすみます。

 

テイクアウト系

レストランだけでなく、テイクアウト系のお店もあります。

ポテトやホットドックといったスナック系、アイスやカキ氷などのデザート系のほかに、ラーメンやチャーハンもあります。

手軽に済ませられるので子連れには気楽でよさそう。

ショーの席をキープしながらちょっと休憩、といったときに便利です。

 

持ち込みOK

園内で離乳食の取り扱いはありませんが、お弁当など食品の持ち込みはOKです。

園内にはテーブルやベンチも多いので、買ったり作ってきたりしたものを広げてピクニックを楽しむのもよさそうですね。

 

子連れにおすすめの持ち物

  • 帽子:屋外エリアが広いので、夏場は帽子必須。
  • タオル:魚やヤドカリに触れるようなところがあって、手を洗う機会が増えるので大きめがおすすめ。シャチのパフォーマンスを見るなら濡れるのでタオル必携。
  • 羽織もの:海風が強いので、肌寒くなるかも。軽く羽織れるものがあると安心。
  • 雨具:シャチパフォーマンスを前方で見るなら絶対に濡れます。300円のポンチョを売っていますが、自前のものを用意してもOK。

 

以上、子連れのお出かけで気になる部分をまとめました。

準備でお出かけの快適さが大きく変わることもあるので、お役に立てたら幸いです。

鴨川シーワールドをお得に楽しむ!エポスカードで最大800円引き【2018年夏】(エイフィットナビ)byちびうしさん(@hana_bi30 ‏)

大人1人につき800円、同行者も割引になるのでかなりお得な情報です。