八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスの新展示「オホーツクの海と表情の豊かな生きものたち」

八景島シーパラダイスの新エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」イメージ

c八景島シーパラダイスに、新エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」がオープンすると発表されました。

新エリアの開業は2019年2月23日(土)から。

ここではオープンに先駆けて、新エリアの展示内容を詳しくまとめました。

早く新エリアを見てみたい!とワクワクしている方の参考になれば嬉しいです。

私も体験できしだい、またレポートをまとめたいと思います。

北の海をテーマとした新エリアがオープン

八景島シーパラダイスの新展示エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」で展示予定のクリオネ(イメージ)八景島シーパラダイスの新展示エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」で展示予定のオオカミウオ(イメージ)八景島シーパラダイスの新展示エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」で展示予定のフウセンウオ(イメージ)八景島シーパラダイスの新展示エリア「オホーツクの海と表情豊かな生きものたち」で展示予定のフサギンポ(イメージ)

2019年2月23日から、アクアミュージアムに新しい展示エリアがオープンします。

その名も「オホーツクの海と表情の豊かな生きものたち」。

「北海道立オホーツク流氷科学センター」とコラボして

  • オホーツクの海
  • 流氷の世界

といった寒い海をテーマとした常設展示を行うとのことです。

北海道立オホーツク流氷科学センターとは?

北海道紋別市にある、世界にただひとつの流氷をテーマにした科学館です。

室温マイナス20度の厳寒体験室では、本物の流氷に触ったり、透明な氷に閉じ込めた魚を間近に観察したりできます。

また、流氷が発生する仕組み、クリオネ、流氷クイズなど様々な展示を行っています。




展示場所・展示内容

アクアミュージアムのラボ3をリニューアル

新しい展示エリア「オホーツクの海と表情の豊かな生きものたち」ができるのは、アクアミュージアム1階のラボ3エリアです。

今までは「海で進化した生き物たち」というテーマで、アザラシやアシカといった海に暮らす哺乳動物の展示を行ってきました。

そこをリニューアル&新展示が加わるということですね。

隣のラボ4「氷の海に暮らす動物たち」にはホッキョクグマやセイウチ、ペンギンたちが暮らしていますから、そちらともリンクした雰囲気になるのかな、と予想しています。

 

新エリア展示内容

ラボ3に暮らしているハイイロアザラシやゴマフアザラシは、引き続きこのエリアで見られるそう。

そこに

  • クリオネ
  • オホーツク海の魚たち
  • 流氷

などの展示が加わります。

クリオネ

一昔前に人気を博した「流氷の天使」。

巻貝の一種で、正式名称は「ハダカカメガイ」といいます。

関東でも短期的な展示をすることはありますが、常設展示している水族館はほとんどが北海道です。

八景島シーパラダイスで常設展示が行われるということで、小さな天使たちにいつでも会えるようになるのは嬉しいですね。

 

オホーツク海の魚たち

  • 大きな牙とちょっとコワい顔が特徴の「オオカミウオ」
  • まぁるいフォルムとお腹の吸盤がユーモラスな「フウセンウオ」
  • ブサカワイイと人気の「フサギンポ」

など。

どれも特徴的な姿をした不思議な魚たちです。

寒い海に暮らしているからこその姿なのでしょうか?

そういったあたりを解説してもらえると嬉しいです。

オオカミウオ・フウセンウオはどこかで(たぶん「えのすい」)で見られますが、フサギンポは覚えがないです。

他にも珍しい生き物が見られるかも?!と期待しています。

 

流氷

流氷は、北海道立オホーツク流氷科学センターから届けられるもので、実際に触れるタッチングブースが設置されるとのことです。

本物の流氷が見られるなんてなかなかない機会ですよね。

どんな風に展示されるのか、1年中見られるのか・・・?気になります。

 

映像投影

今までのラボ3でも水槽上部の壁面に、季節の花や海の生き物などの映像が投影されていました。

今回の新展示にあわせて、投影する映像も変わります。

  • 流氷
  • オホーツク海の厳寒な環境に生息する生き物
  • 北海道の壮大な自然風景

などが見られるということで、空間全体で北の海の世界にどっぷり浸れそう。

実際の海の映像などがあると、よりイメージや関心が深まっていいですね。

映像をゆっくり楽しむなら、3階(大水槽のエスカレーターを上がったフロア)のサメの展示のあたりから見るのもアリです。

 

新体験に期待大!

八景島シーパラダイスは2018年に開業25周年を向かえ、「五感体感」をテーマに掲げてアクアミュージアムの改装を行いました。

見るだけでなく、触ったり嗅いだり・・・映像や演出を駆使して体全部で「体験」できる水族館になっています。

今回の新エリアも、映像投影をリニューアルしたり、流氷に触れるスペースを設置したりと、五感体感を踏襲したものと言えるでしょう。

どんな新しい世界に出会えるのか、そこで娘がどんな体験をしてどんな顔をするのか、考えるだけでもワクワクします。

新しい展示を体験できたら、詳しいレポートをまとめますので参考にしていただけたら嬉しいです。